ヒプノセラピー催眠療法サイト | 日本ヒプノセラピー協会

ヒプノセラピー催眠療法サイト | 日本ヒプノセラピー協会
体験セミナー育成コース

よくある質問

Q:ヒプノセラピー (催眠療法)とは、眠りなのでしょうか?

A:よく、ヒプノセラピー (催眠療法)を睡眠療法と混同されている方がいらっしゃいますが、ヒプノとは「催眠」であり、睡眠(眠り)の状態とは違います。ヒプノセラピストの誘導により通常の意識よりも深くリラックスすることで、意識をそのまま保ちながら、より感覚がひらかれた状態へと自然に導かれます。(例えるならば、湯船につかって心地よく目を閉じリラックスしている状態です。)

そのリラックス状態でこそ、忘れていたことを思い出したり、問題に対して深い洞察がえられたり、こころの解放が起こったり、また身体的にも深い癒しをえることができます。これが、ヒプノセラピー(催眠療法)が他のセラピーと違って、とても効果的ですばやい癒しを起こすことができる理由です。

Q:コントロールされたり、言いたくないことを言ったり、意識がなくなったりするのではないかと心配です。

A:ヒプノセラピーは、リラクゼーションを使ったセラピーです。 セッション中に意識がなくなることはありませんし、また自分がしたくないことをしてしまったり、されたりすることもありません。たとえば、目を閉じて「りんご」をイメージしてみて下さい。真っ赤なりんご、あるいは青いりんご、すべすべしている、白っぽい・・・など、自分なりの「りんご」のイメージが浮かんだり、感じられたりするはずです。そのとき、わたしたちは決して意識を失ったり、自分をなくしたりはしていません。

ヒプノ(催眠状態)も、このようなイメージとまったく同じものです。ただ、より深くリラックスして行うことによって、より強くイメージが出てきたり、感情が感じられたり、忘れていたことが浮かんできたりするのです。ですから、ヒプノセラピーは、どなたにでも安心して受けていただけるセラピーであり、またどのセラピーよりも自然に深い気づきを得ることのできる、とてもパワフルなセラピーだと言うことが出来るのです。

Q:ヒプノ(催眠)にかからないひともいるのですか?

A:ヒプノ(催眠)の状態は、「かかる」ものではなく、「自然にはいる」ものです。テレビなどで目にする催眠術は一方的に「かけられる」というイメージがありますが、ヒプノセラピーはリラック誘導をしながら行うセラピーですので、どなたにでも簡単に体験していた だくことができます。まるで湯船につかって気持ちよくリラックスしていくのと同じように、とても自然な状態なのです。ですから、「できないひと(ヒプノの状態にはいれないひと)」というものはありません。

しかし、どのようなことにもご本人の自発的な「意志」は大切です。セラピーを受けることに対して、積極的で開かれた気持ちを持つことで、さらによりよい結果、効果をえることが出来るといえるでしょう。

Q:他のセラピーとの違いは何ですか?

A:ほとんどのセラピーは、表面意識(今、気づいている意識、顕在意識)においてのみ、問題をとり扱います。しかし、問題の核心は潜在意識と呼ばれる、普段は気がつかない意識のなかにこそ隠れています。そのため、潜在意識にアプローチできないセラピーは、時間や費用がかかるわりにはその効果があがりません。

ヒプノセラピー(催眠療法)は、自然なかたちで潜在意識とつながり、問題の核心を解放することにより、本来のあなたの力をとり戻すことができる、大変効果的なセラピーなのです。

ページトップ